OPENING HOUR

長野県松本市 ユニセックス セレクトショップ Simon's&co.(サイモンズ&コー.)

営業時間 : 11:00-19:00
定休日 : 火曜+α

We are able to ship worldwide.
Please check out our WEB STORE.

2018年12月14日金曜日

wallet purse wallet


こんばんは。

(2/2)

0.4 / 5.1 ℃  晴

気が付けばクリスマスまで10日。
その為か、
giftとしてお財布をお求めになる方がとても増えています。

合わせて、
「一年頑張った自分へのご褒美で」、
という方もいらっしゃいます。

お財布をお探しの皆様、

Simon'sには









と、
本当に沢山のお財布がございます。
全てunisexですので、
お好みの物をお選び頂ければと思います。

また、
簡素ではございますが、
ギフトラッピングも承っております。
ご希望の方はお気軽にお申し付け下さいませ。

お近くの方はSimon'sへ。

遠方の方とお時間の無い方は、



をご利用頂ければ幸いです。


本格的に、
寒さが身に堪える様になって来た昨今。
でも、
これはまだ寒さの第一段階。
以降、
年を跨いで2段階目、
そして3段階目(底)へ。

今は寒さに身体を慣らす期間、
でしょうね。
温かくしてお過ごし下さいませ。

それでは、
週末のご来店を心よりお待ちしております。

SIMON

Simon's&co. : SIMON selects CD vol.41 "LIGHT"


こんにちは。

(1/2)

前作から随分時間が経った様な気がしますが、
この度新しいCDを作りました。

早いもので、
今作が41枚目。

SIMON selects CD vol.41

"LIGHT"

not for sale!


Simon's(店頭)



にて、
¥10,000以上のお買い上げで1枚差し上げます

季節を考えつつ、
幅広くselect致しました。

お耳に合えば幸いです。

SIMON

2018年12月13日木曜日

shoes shoes shoes


こんばんは。

-2.8 / 5.8 ℃  晴

随分な冷え込み。
お陰でdownを始め、
本格的にouterをお求めになられる方々が。

お探しの方は是非「こちら」を参照下さい。


以前、
嵌ると一番危ないお酒は
「ウィスキー」だと聞いた事があります
(個人的に、
酒類の中では「ウィスキー」が一番好きなので、
分かるような気もします)。

さて、
ファッションの中での「それ」、
つまり「嵌ると危ないもの」はなんでしょうか?

個人的に、
それは「シューズ」なのでは無いか、
と思います。

収集癖のある/無しに関わらず、
どなたでもそれぞれの靴に足を入れると、
靴毎の「個性」を足裏に感じる筈です。

「デザイン」と「履き心地」。
それらが両立してる様に感じられる靴、
或いは、
そのどちらかが秀でている様に感じられる靴、
などなど、
などなど。

それでも、
選ぶ上で一番大事なのは、
(これは靴に限りませんが)
やはり「好きかどうか」だと思います。

幾ら良いと言われても、
「グッと来ない」物であれば、
永く愛用し続けるのは困難だと思うからです。


前置きはこの辺りにして、
Simon'sにあるshoesの中で、
「今~これから」お勧めしたいshoesを数点upします。


一枚のmoutonを踵裏で繋いだshoes。
ゆったり目に取られたupperには、
紐を縛る事でギャザーが生まれます。
ここがpointです。

insoleはleatherで足馴染みが良く、
upper内側はmoutonらしくモフモフしています。
軽量なshark soleはとても返りが良く歩行性も抜群です。

軽くて温かい。
そして歩き易い。

※何度も言って恐縮ですが、
Hender Schemeさんのshoesは修理可能です
それをご理解頂ければ、
永くご愛用頂けることが理解出来るのでは無いでしょうか。


このshoesは、
upperにゆとりがある為、
実際に履いている人を見る方が分かり易く、
また素敵に見えます。


sneakerみたいに軽快なshoesです。



Hender Schemeは、
leather shoesにsneaker的な要素を持たせる事が得意です。
それは、
leather shoes brandがsneakerをリリースするのとは、
また違うベクトルだと思います。

「何処かで見た何かの要素」

音楽のsamplingと同じで、
既存の何かを組み合わせる事で生まれる「新しさ」。

こちらのtarpは、
ウイングチップにnylon partsを組み合わせた、
全天候型のshoesです。
nylon partsは、
nylon/防水素材/suedeと3層構造になっています。
そこにドローコードとストッパー。
律儀に、
ストッパーを留めるフープまで用意されています。


合わせるコーディネートはそこまで問わない気がしますが、
それでもどう合わせるかを考えるのは楽しいshoesです。



toe boxの高さは抑えられていて、
もったり感のないshoes itself。
そして、
そこにボリュームのあるラビットファー。
組み合わせの妙(センス)。
そしてsingle monk。
ミカエルとは全然違った魅力があります。

upperは防水加工されていますし、
soleもしっかりした物が付いていますので、
あまり慎重にならずに愛用下さい。



vibram soleですので、
こちらも天候は余り気にせず着用頂けます。

同色異素材での切り替えがpoint。

横から見ると顕著ですが、
サイドのトリプルステッチ、
ゴツめのsoleなど、
イエローヌバックでお馴染みのbootsをチョップした様な印象。

toe boxにはゆとりがありますので、
old endなどと比べれば、
少し作りが大きく感じられると思います。

慣れるまでは、
履き口周りが少し硬く感じられるかと思いますので、
擦過傷を避ける為にも、
厚手の靴下で数日慣らして下さい。



デザインソースは言わずもがなでしょう
(脱ぎ履きにやや難はありますが、
個人的にやはりハイカットで、
黒/白、もしくは赤/白のwest sideな感じが好みです)。

さておき、
カーフ(子牛の革)を使ったこちら。
手作業で再現された細部に、
素直に驚愕してしまいます。

soleを含め「修理可能」。

慎重に考え過ぎずに、
永く愛用下さい。

個人的に、
付属するクラシカルなコットン紐に代えられる事をお勧め致します。
紐の通し方は、
画像の通り「オーバー」が良いとも思います。



確か32作目がリリースされていた様に思いますが、
個人的にair jordanでは10番台から記憶の混濁が始まり、
20番台は壊滅的です。

さておき、
m.i.p.シリーズ。
お好きな方なら覚えておられるかと思いますが、
今期で20作目がdrop。
私も、
取り扱ったことがないm.i.p.は、
存在は知っていても番号は知りません。

こちらは14作目。
ヒールはラバー。
フォアフットのソールはパターンの型押し。
爪先にはプラスチックのキャップが入っています。

デザインソースがワークブーツなので、
無意識に同様の足入れ感を期待してしまうかも知れませんが、
全く違った感覚です。

スラッとしたシェイプ。
ヒールカップは少し大きめに感じますが、
時間が経つと違和感は無くなります。

少し前に別注が席巻しましたが、
経年変化を楽しめる、
別注以上の1足。


靴の話になると少し長くなりがちですみません。


「オリジナリティー」という言葉を時々耳にしますが、
以前も他で引用した、
旧約聖書 伝道の書 コヘレトの言葉にもありますが、

「かつてあったことは これからもあり、
かつて起こったことは これからも起こる。
太陽の下、新しいものは何一つない」

です。

それでも、
その上で、
(うろ覚えで失礼ですが、)
「既にあるのものを新しく感じさせるのが芸術」
と言った人もいた様な気がします
(誰だったかな...)。


Simon'sで取り扱うどのitemもそうですが、
製品化されてからお聞きするのは「ほんの一部」で、
デザイナーさんのideaが製品化されるまでの工程には、
試行錯誤と紆余曲折が必ずあります。

出来るだけ「それ」を伝え、
その上で独自に感じた事('less than 解釈')を付け加える。
それがセレクトショップの役目の一端かと思います。


勿論、
靴だけではありませんが、
それでも、
靴はとても奥が深いitemだと思います。

無闇に「履き潰す」必要もありません。
出来れば、
(悪天候用を少なくとも1足はご用意の上、)
数足をローテーションさせてあげて下さい。
それだけで、
どのshoesも永くご愛用頂けますよ。

また、
shoesのお手入れについて知りたい方は、
お気軽にお尋ね頂ければと思います。

さて、
随分長くなりました。

お近くの方はSimon'sへ。
遠方の方とお時間の無い方は



をご利用頂ければと思います。


それでは、それでは。

SIMON

2018年12月12日水曜日

leather shoes for ladies


こんばんは。
1.2 / 7.1 ℃ 雨/曇

昨晩、とうとう松本でも
雪が降りました。
と言っても、
すぐに雨に変わってしまいましたが。



さて、
連日色々ご紹介していますが、
今回はSHOE&SEWNさんの「革靴」を
ご紹介したいと思います。

新型も愛用していますが、
本当に足馴染みがよく、重宝しています。
また、お手入れが簡単なのも
革靴初心者には嬉しいポイント。

「革靴に馴染みがない方」にこそ、
心からお勧めしたいbrandです。

それでは、まずはこちらから。

1、Joseph


無駄のないsimpleなshort boot、
どんなcoordinateにもお使い頂きやすい一足です。

使い込むほどに柔らかく、
また独特な風合いを醸し出す、
イタリアの伝統的な「バケッタレザー」を使用。
SHOE&SEWNさん曰く
多少の雨でも雰囲気が出るそうなので、
雪が降るこれからの季節でも
神経質にならずに履けるのは嬉しいですね。



色違いのtobbocoも人気ですよ。
お好みに合わせてお選びください。

2、chacot



simpleで、在りそうで無かったdesign。
その秘密は、普通、靴の中にある「ベロ」を
伸びたアッパーで補い、その上で紐を結んでいるから。
他の人と、少し差を付けられそうな一足です。
また、josephと同じバケッタレザーを使用。
寒い季節は丈の長い靴下や、タイツを合わせてどうぞ。

控えめだけど、ちょっぴりユニーク。
そんな魅力的な方にピッタリかも知れません。

3、Saint-Croix

SHOE&SEWN(シュー&ソウン) Saint-Croix(セントクロイ)<papavero>|simonsandco

まさに、「大人の女性の為の赤い靴」。

2つの穴で長さが調節できるストラップは、
着用者の足の甲に合わせて綺麗に収まります。
こちらも「バケッタレザー」を使用。
足馴染みの良い柔らかな革である為疲れにくく、
ちょっとしたお出かけにもおすすめです。

どこか可愛らしさのある素敵な女性に、
きっと喜ばれますよ。

勿論、ご自身にも是非。

お近くの方はSimon'sへ。
遠方の方とお時間の無い方は、



をご利用頂ければと思います。



とてつもなく私事ではありますが、
昨日初めて「はま寿司」に行きました。

(先日、ある方にスシローの「海老アボカド」が
堪らなく好きだと話した際に、
「それなら、はま寿司のサーモンアボカド食べなきゃ!」
と、教えて頂いたからです)

今となっては多種多様なネタやサービスが
当たり前となっている回転寿司。
また、内陸県特有なのか、
ここ長野県も、故郷滋賀県も、
様々な回転寿司チェーンが
目と鼻の圏内で乱立しています。
それでも、
ちゃんと各社で棲み分けされているのは、
恐れ多くも感心致しました。

はま寿司さんは、
ご年配の方も食べやすいメニューが豊富。
また、各テーブル付近に「持ち帰り用パック」があったり、
落ち着いた明るさの照明や店内であったりと、
ご年配の方が気軽に利用しやすいよう
配慮されているように感じます。

このあたりがスシローさんや、くら寿司さんとは
大きく異なる点かも知れませんね。
(私はどちらも大好きです)

それにしても、
お寿司のドライブスルーって凄いですね。

入店前は「何故?」と思いましたが、
私だったら「あん肝」を週一で
帰宅ついでにお持ち帰りしたいです。
それくらい、あん肝。
ハマりました。

さらに余談ですが、
鳥取県に住んでいた頃によく行った
「北海道」という名の回転寿司。
本当に美味しくて、今でもふと思い出します。

‥なんだかお腹が空いてきたので
今日はこのへんで。

それでは、
また明日もお待ちしております。

TOMOKO

2018年12月10日月曜日

cap hat beret


こんばんは。

-4.1 / 5.2 ℃  晴

先ずはSimon'sからのお知らせを。
明日12月11日(火)は「定休日です。
ご不便をお掛け致しますが、
何卒宜しくお願い致します。


久しぶりで忘れていましたが、
「-4℃」って「寒い」ですね、
思いの外。
それでも、
寒さの本番はまだまだ「これから」。
そう思うと少しげんなりしてしまいます。

みなさま、
体調管理には呉々もお気を付け下さいませ。


さてさて、
「温かい」
outer、knit、bottomsに続いて、
本日はheadwearをご紹介したいと思います。

どのitemもunisexです。
お好きな物をどうぞ。


既に「残り僅か」。

サイズ調整も可能な、
とても綺麗なberetです。

勿論made in JAPAN。

4色展開



beretにツバが付いた様な「新型」cap。
ツバは前にして被っても後ろにしてもokay。
こちらもサイズ調整可能。

4色展開



昨年も好評だった、
耳当ての付いたとても温かいcap。

ワックスドコットンのbodyも、
使用に伴い風合いを増します。
被っているだけで可愛いので、
男女問わずにお勧め致します。

2色展開



折り上げる幅を変えると表情が変わる、
毛足長めのフリースcap。
リバーシブルなので、
気分によって使い分けられるのも魅力です。

寒がりな方にもお勧めです。

2色展開



昔の野球帽はこんな感じだったのでは無いでしょうか。
浅めのbodyですので、
「乗っける系」の帽子が好きな方にお勧めです。

2色展開



knit capみたいなcap。
ありそうで無かった感じで、
かなり重宝するcapに仕上がっています。

2色展開



上のcapのwool ver.です。
優しい色合いで好評頂いています。
縁の部分のコットンテープがタイムリーヒットです。
流石TATAMIZEさん。



「定番」het capの帽体を、
イギリス製のtweedに置き換えたcap。
レザー部分は防水加工されています。
性別/年齢を問わずに好評頂いております。

3色展開



上のjet capに似て居ますが、
jetより少し深めの帽体で、
ツバも短め。
つまり、オーソドックスな形状。
上げ下げ可能な耳当てが「探偵」心をくすぐります。

3色展開





細畝コーデュロイで使い易いcap。
掠れた感じの発色もとても綺麗です。
お陰で、
性別/年齢を問わずにお求め頂いています。

3色展開



試着下さった方がとても気に入ってくれる、
実はユニークなhatです。
形状的に性別も年齢も問いませんので、
ご自身用は勿論、
giftにも最適かと思います。

とても温かいですよ。

3色展開



雨の日も雪の日も大丈夫な、
防水仕様のjet cap。

こちらは通年で愛用頂けます。

残り僅か


他にも、
cottonの物を始め、
沢山のheadwearがございます。

お近くの方はSimon'sへ。
遠方の方とお時間の無い方は、



をご利用頂ければと思います。


それでは、水曜日に。

SIMON

2018年12月9日日曜日

pants slacks trousers


こんばん2。

(2/2)

0.1 / 6.0 ℃  晴

今朝からお昼過ぎに掛け、
松本城近辺で、
今期のJ2制覇並び来期J1への再昇格を果たす
松本山雅FCのパレードと祝賀会が開催されました。

サッカーには疎い私ですが、
それでも松本唯一の全国区チーム、
松本山雅FC。

来期の善戦、
陰ながら期待しております。


さて、
coat、knitに続いて、
今すぐ活躍するbottomsをご紹介致します。
弊店女性スタッフが女性目線でbottomsを紹介しておりますので、
私は男性目線で。

勿論、
全てのitemはunisexとお考え下さい。


リラックス気味の腰回り。
それでも、
綺麗で程よいテーパード。
お陰で、
寒がりの方が下にタイツを着用されても、
表には響きません。

2色展開


私(177cm、64kg)がsize 2を着用して


2、LA MOND. MOLESKIN STRETCH TROUSER

「wool pantsは好きだけど、
取り扱いがちょっと心配」
と言う方にもお勧めの一本。

こちらはwool pantsの様な質感ですがmoleskin。
ですので取り扱いは気にせずokay。
性別を問わずに愛用頂けますよ。

2色展開


私(177cm、64kg)がsize 2を着用して



woolと思えない滑らかな肌触り。
抜群のシルエット。
昨年からとても好評頂いているslacksです。

単体でも勿論、
どう素材のjacket、vestもありますので、
組み合わせはお好みで。

3色展開


私(177cm、64kg)がsize Mを着用して



「とにかく温かいbottoms」をお探しの方。
シルエットも綺麗なこちらは如何でしょうか。
綺麗目のコーディネートは勿論、
アウトドアコーディネートにも対応する一本。

スニーカーからブーツまで、
合わせやすいのも嬉しいpantsです。

何より、温かい!

2色展開


私(177cm、64kg)がsize Mを着用して



「ジョッパーズ?」
と尋ねられる事もありますが、
「そこまで」ではありません。

いかにも「wool」と言う質感ながら、
ユニークなデザイン。
試着頂くと「納得」頂けるpantsです。

こちらは旧年モデルにつき
SPECIAL PRICE!


私(177cm、64kg)がsize Mを着用して


いきなり寒さが本格化し、
困惑されている方も多いかと思います。

お困りの方は是非Simon'sへ。

遠方の方とお時間の無い方は、



をご利用頂ければと思います。


それでは、
明日からの一週間も楽しくお過ごし下さい!

SIMON

my recommendation 3


こんにちは。
0.2 / 5.0 ℃ 晴

しっかり冷え込みましたね。
ですが、街中を行き交う人々は
割と薄着のように思えました。
山雅熱でしょうか。


連日、
店主がこの時期おすすめのitemを
種類ごとに紹介しています。
「寒くなってきたけれど、
いざ何を買えばいいのか迷ってしまう」
という方には特に親切かも知れません。

新型も、新型目線で、少しばかり、
冬服探しのお手伝いをさせて頂きます。




起毛の表地が冬らしいwool pants。
内側は肌触りの良いpolyesterです。
裾に向かって美しく入ったtaperが、
ほっこりした素材感にメリハリを与えます。
ベルトレスですが、backにある
ユニークなアジャスターで調節可能です。


同じくOrdinaly fitsさんのpercyを合わせて。
どちらも今なら少しお求め易くなっています。
この機会に是非。



ball pantsの名前の通り、
ふんわり丸いsilhouetteが可愛いpants。
身幅はゆったりしていますが、
実際に履いてみると
意外とすっきりとした印象です。
アンクル丈がpointかも知れません。


こちらは素材違いのball pants。
履くとこんな感じです。



幅広のゆったりとしたcorduroy pants、
私も愛用しています。
corduroyの質感と、
それを生かした光沢感のある
深い色味が素敵です。

オーバーサイズが流行している昨今ですが、
このpantsは「だらしなく見えない」のが
一押しポイントだと思います。
今までそういったitemに抵抗感があった方にこそ
お勧めしたいpantsです。


off whiteはsold outとなりましたが、
navy、khakiは今ならお求め頂けます。
是非一度お試しください。


また、
先日からLOCALINAさんや、


LUCKY SOCKSさんといった


この季節に大活躍の小物類が届いています。

このような暖かいinnerやsocksを合わせれば、
linenやcottonのitemも
季節問わずご着用頂けますよ。

厚手のタイツを履けば、
YAMMAさんの会津木綿のitemであっても
信州の冬も何のその、です。

せっかく気に入って購入されたitemです。
だからこそ、ほんの少しの工夫で
coordinateを楽しんで頂ければ幸いです。

お近くの方、お時間のある方は
店頭までお気軽にどうぞ。
遠方の方とお時間のない方は、



をご利用頂ければと思います。


松本はパン屋さんが多いですね。
パン好きの新型にはたまらなく嬉しいです。
Simon'sから徒歩10分程の場所にできたクロリさん
美味しいです。本当に。(回し者ではありません)
機会があれば是非一度訪れてみてください。

それでは、また明日。

TOMOKO