OPENING HOUR

長野県松本市 ユニセックス セレクトショップ Simon's&co.(サイモンズ&コー.)

営業時間 :
月 - 土 : 11:00-19:00
日曜日 : 11:00-18:30
定休日 : 火曜+α

We are able to ship worldwide.
Please check out our WEB STORE.

2019年4月30日火曜日

hello goodbye


こんばんは。

(3/3)

9.2 /14.9 ℃  雨/曇

「もし?」
って呼び止められた事ってありますか?
私は、そう呼び止められた事も、
誰かをそう呼び止めた事もありません。
でも、
一度くらいそうやって呼び止められたいと、
密かに熱望しています。

勿論、
理由なんてありませんが。


このひと月程、
「平成最後」
という枕詞が連呼されて来ましたが、
それもあと数時間。

「さようなら平成」
「こんにちは令和」

まるで、
電車のヘッドマークが替わるみたい。

しかし、
「時代」(時間の塊)に名前を付けて、
それを慈しむというのは、
それはそれで悪く無い気もします。

あなたの平成があり、
私の平成があるから、
今がある。

(何でしょうか?
何でしょうね)

西暦だけで良いという考えも一部にはありますが、
それはそれで宗教的な暦。

(えーと、)


物事の在り方が、
加速度を増して変わっています。
良くも悪くも、
この流れは変わらないでしょう。

そう遠く無い未来、

ハイ、アレクサ。
今日はどんな服を着て行けば良い?

で済む時代が来るかも知れません。

でも、
そんな時代が来たらどうします?
(どうしましょうか?)

友よ、答えは風の中に

でも、それ、
理解できる言語でない可能性の方が高いですね。
今の所。


そう遠く無い未来に消える仕事、
残る仕事。

そういう番組や記事を目にする機会は増える一方。

幸か不幸か、
蚊帳の外で好き勝手しているので、
それが私に当て嵌まるのかは、
今ひとつ分からないのですが、
「それでも」
気になることが一つ。

人と人との向き合い方は、
デヴァイスの進化と共に、
今後も変容して行くでしょう。

さて、
「さてさて」、
人と物との向き合い方はどうなるのでしょうか?

私が想像する未来の服は、
(課金制のアプリを搭載した)
全身タイツみたいな物を着て、

ハイ、アレクサ(で無くても可)、
50年代のニュールックで

と言ってダウンロードすれば、
髪型まで再現してくれる様になるのではないか?
と云う物です。

勿論、

『グレート・ギャツビー』のレッドフォード

とか、

『ローマの休日』のヘップバーン

も、
髪型と服装だけなら可能。

きっとその内、
外から見た体型も修正可能になるのでは無いでしょうか?
(相手が服を脱いだらびっくり!)

それはずっと先の事かも知れませんが、
「無くは無い」未来の様に思えます。

もしそうなれば、
「身体性」も、
今とは随分違う位置付けになるんでしょうね。


出来れば、
「物と向き合う」ことの大事さを伝えたい。
そう思い続けていますが、
それは何も宗教的な意味合いではありません。

持っている物を知り、
それを大事にする事、
くらいの意図です。

そういう概念が、
遠い未来にも残って欲しい。
そう願っています。


元号が変わっても、
何かが変わる訳でもありません。

変わらぬスタイルでやって行こうと思います。

でも、
未来がもっと「楽しく」在れば良いなとは思います。
まぁ、
他力本願では何も起こりはしませんが、ね。

平成の最後はこの曲で、


令和がどんな風になるのか、
想像すら出来ませんが、

(耳が早い方は既にこのbandをご存知かも知れませんね)

個人的に、
これくらい楽しげなのが良いなと思います
(大きな音で、踊りながらお楽しみ下さい)。



親しい人が、
「元号が変わる時、私地球上に居ないから」
と言っていましたが、
探しに行くのはやめておこうと思います。

「地球に帰ってきたら、連絡してね」


さて、
まだまだGWは続きます。

みなさんが良い時間を過ごされている事を願いながら、
明日も通常通り営業しております。

それでは、それでは。

SIMON

SARAXJIJI : new items


こんばんは。

(2/3)

LUCKY SOCKSさんに続いて、
SARAXJIJI(サラジジ)さんからもnew itemsが。

変わる元号を前に、
おおわらわでの対応
(どちらかと言えば、
「小わらわら」くらいかな)。

さておき、
早速ご紹介致します。


上品で上質なヘリンボーンリネンを使った、
内側と外側にあるそれぞれ紐を結わえる
カシュクールのノースリーブワンピース。

とても素敵な一着です。

2 colors


light gray


見えづらいかと思いますが、
衿周りの3cm幅のステッチが、
とても良い仕事をしています。
この幅、
素敵です。

個人的に、
ステッチはとても大事だと思います。
遠目で見えなくても、
その大事さは揺らぎません。

そう云う視点で、
一度お持ちの洋服を観察してみて下さい。
きっと発見がありますよ。


side

トルソーが着用するとシルエットが出辛いですね。


navy





このリボンでシルエット/サイズを調整出来ます。


外側と内側のリボンを解くと


back

プリーツの入り位置が綺麗なのが、
より分かって頂けるのでは無いでしょうか?


ボックスプリーツ


生地感



こちらは昨年とても好評頂いたpants。
再入荷致しました。

linenのbottomsと言えば、
「ズドーン」という感じのも含め、
リラックスシルエットのものが多いかと思います。

それはそれで素敵と思いますが、
太すぎるbottomsが得意で無い方も、
かと言って、
細すぎるbottomsも得意で無い方も、
どちらもいらっしゃるでしょう。

そんな方々に、
腰回りと太腿周りには少しゆとりを持たせ、
綺麗にテーパーの掛かった、
こちらのpantsをお勧め致します。

2 colors


light gray


navy


右sideにpocket



(欠席中の)
弊店女性スタッフ(157cm)がsize Sを着用して

light gray


navy


SARAXJIJIさんのitemは、
(限りなく平たく言いますが、)
「やはり素敵」だと思います。

(ちょっと言い直して、)
「ウリ」としない女性らしさを感じます。

(付け足せば、)
丁寧に生きている様に感じます。

えっと、
伝わりますか?


さておき、
お近くの方は是非Simon'sで実物をご覧下さい。

遠方の方とお時間の無い方は、
(大丈夫です、素敵なitemです)



をご利用頂ければ幸いです。


それでは、次へ。

SIMON

LUCKY SOCKS : new items


こんばんは。

(1/3)

履き心地の良さで好評頂いている
LUCKY SOCKS(ラッキーソックス)さんから、
沢山のsocksとarm coverが届きました。

早速ご紹介致します。


ラッキーソックスさんの「定番」item。
和紙の繊維が混紡されている厚手のsocks。
程よい厚みのお陰か、
履いていて足裏が疲れません。

こちらは少し前に再入荷したitemですが、
既にsize / colorがかなり歯抜けになっておりましたので、

「改めて」、ドンと。

今回、
whiteとnavyが初登場(入荷)。

12 colors


white , natural , grebe , choco


close up


charcoal , deep green , ginger , lime yellow


close up


blue green , cobalt , navy , red





いよいよ日焼けが気になる時期になりました

(と自分が書くことがあるなんて思ってもみませんでした。
「基本的に日焼けは良く無い」
と言うことを昨年知ったくらいですから)。

さておき、
松本市は標高が約600mと、
案外太陽に近い街
(勿論、松本以外でもご愛用下さい)。

薄手で肌触りの良いcotton地。
折り畳むとコンパクトになりますので、
携帯し易くてお勧めです。

4 colors


上から、aloe , navy , gray , smoke


こちらのアームカバーは長さが約55cm。
手の甲から二の腕までを紫外線から守ってくれます。


サムホール(親指を出せる穴)あり〼


こちらのarm coverも、
LUCKY SOCKS(ラッキーソックス)さんの他のitem同様、
あたりつき」。


この所、
LUCKY SOCKSさんのitemを
数点纏めてお求め下さる方が増えました。
気に入って頂けたのであれば、
私としても嬉しい限りです。

また、
ご自身用は勿論、
presentにも喜ばれますよ。
LUCKY SOCKSを知らない方は、
「あたりつき」
と言う点で(程度の差こそあれ)驚いてくれます。

それを「つかみ」にしてみるのは如何でしょうか?


お近くの方は、
苦笑しながら、
パンパンになったitemsをご覧頂ければと思います。

遠方の方とお時間の無い方は、
「あたり」を念じて



をご利用頂ければ幸いです。


それでは、次へ。

SIMON

2019年4月29日月曜日

cozy


こんにちは。

4.0 / 17.6 ℃  曇

昨日までと打って違って、
本日から街中での渋滞がstart
(松本城の周りが特に酷いのだとか)。

松本城、
中町通りなどの観光スポットは、
きっと人ごった返しているのでしょう。
しかしながら、
Simon'sの在る今町通りは、
交通量こそあれ、
いつもと変わらぬ「まったり」加減。

so,
WELCOME!


県外/近隣問わずに、
ご来店くださる方々が
「軽くて羽織れるもの」、
そして「長袖」をお求めになられています。

この気温だと、
やはりそうでしょうね。

女性の方にも、

SARAXJIJIさんの「定番」cardigan

男性の方にも、
「軽くて羽織れるもの」は沢山ございます。

Ordinary fitsさんのlinen china jacket

ユニセックスの長袖も沢山。

Tieasyさんの「定番」cut&sewn

天気と気温の安定は暫く望めないかも知れませんので、
連休中は無理ない服装でお過ごし頂ければと思います。

お近くの来られた際は、
是非Simon'sへ。

遠方の方とお時間の無い方は、



をご利用頂ければ幸いです。


まだまだGWは続きますね。
体調に留意頂き、
楽しい時間をお過ごし下さいませ。

それでは、
引き続いて、
皆さまのご来店並びにご利用をお待ちしております。

SIMON

2019年4月28日日曜日

TATAMIZE : WORK SHIRT 2 colors


こんばんは。

-0.8 / 16.0 ℃  晴

昨晩と今朝は要暖房。
今晩も、
かも知れませんが。


GWも2日目。
松本市内の交通量(渋滞度合い)を見ていると、
県外からの来訪者は、
それ程多く無いのかも知れません。
ですので、
ちょっと遊びに来るには「最適」。


昨晩、
洗濯物を干し終えて間も無く、
『アヴェンジャーズ』がstart。

現在上映されている最新作がMCUシリーズ22作目?と聞き、
一作も観ていない私には無縁、
と思った矢先での地上波放送。

他の家事を並行していたので、
冒頭は設定が今ひとつ飲み込めなかったけれど、
「とりあえず、ハルクが怪物になるまで観よう」
と深々とソファに腰掛けて鑑賞開始。

と、
いよいよと云う段階が近付いたにも関わらず、
CM前後5分くらいをウトウトしてしまい、
次に目を開けたら、
緑の怪物が大暴れ。

で、
「折角だから」と、
最後まで鑑賞。

しかし、
ハルクが自制心を宿すまでが、
何だか早く感じたのは私だけでしょうか?

さておき、
サミュエル・L・ジャクソンの吹き替えは、
竹中直人さん?

(違った?)

竹中直人さんと言えば、
やはり「ドクトクくん」
(歌い方がインド映画みたいですね)


「独特」繋がりで、

Simon'sの中で、
「独特」と言えばやはりTATAMIZEさん。

designerの八重畑さんは、
柳の様な物腰ながら、
作り手としての芯をしっかり感じさせる、
何処かしら不思議な雰囲気の持ち主。
これはきっと、
TATAMIZEさんのitemをご覧になったり、
纏ったりした事があれば、
自ずとご理解頂けるかと思います。


さてさて、
今回入荷したのは新型のB.D.shirt、


敢えてロックミシンを多用する事で、
自然な感じの「仕上がりの軽さ」が漂う、
とても素敵なshirtです。

2 colors


V字型の前後の裾。
大きめの衿。

off white


フロントの「合わせ」が深く(広く)取られていて、
ボタンホールも中央にあり、
前端の生地が余るのもユニークなポイント。


back


肩ヨークを排し、
衿下からプリーツが。


両サイドにはスリット


前端の生地の余り具合

ピョーン


olive


光の加減で、
仄かにタマムシっぽく(も)見えます。




私(177cm、65kg)がsize Mを着用して

off white


olive


「ありそうでない」ではなく、
「TATAMIZEだからこそ」なshirt。
是非一度袖を通してみて欲しい、
素敵なitemです。

ちなみに、


と合わせても良さそうです
(このcoatの良さが、
ひとりでも多くの方に伝われば...)。


TATAMIZEさんは、
シーズン毎に新作を沢山出されるbrandではありませんが、
マイペースに進化を続けておられます。

Simon'sで取り扱っているbrandさんのitemは、
殆どが「大量生産」ではありません。
その中でも、
TATAMIZEさんは「一層」そうかも知れません。
だからこそ、
ひとりでも多くの方にその魅力を知って頂きたい。
そう思います。
強く。

お近くの方は、
是非現物をご覧下さい。

遠方の方とお時間の無い方は、



をご利用頂ければ幸いです。


『アヴェンジャーズ』サンドウィッチで、

ご存知の方も多いかと思いますが、
ロバート・ダウニーJrさんは歌声も素敵です。


因みに、
こちらは観た事が無かった為、
昨日初めて知りましたが、

アン・ハサウェイさんも歌っているんですね
(大竹しのぶさんみたいに
「憑依型」なのかも知れませんね)。


「素敵」


それでは、
引き続きGWをお楽しみ下さい。

SIMON